2018年04月16日

道具学会・治具研究会の見学会

昨夜のは、道具学会の治具研究会の見学会が、当店でおこなわれました。
当店のお得意さんで、オーダーメイド車椅子を製作・販売している方がいまして、その方が、道具学会に所属していて、私のフィッティング技術を道具学会の見学会にと推薦してくれました。
道具学会とは、全く聞いたことの無い団体で、200名位の団体です。
メンバーは、住まいも、仕事もバラバラです。

設立主旨は
「人間は肉体の能力を強化し、精神を高め、感性を深め、五感の機微を楽しむために、さまざまな人工物をつくり出してきました。石包丁から旋盤まで、土器から自動炊飯器まで、履き物から自動車まで、笈竹からコンピュータまで、メガフォンからインターネットまで。これらをひっくるめて、より人間的なる生活の道に具える多様な人工物を「道具」と総称することにしましょう。
  人間のつくり出した道具のありようをつぶさに見すえることによって、これからの人間一生活一道具のあり方を考えていくこと、これを「道具学」といいましょう。」(HPより引用)

となっています。
道具学会HP→ココ

フィッティングは、技術ですが、道具という見方もありますね。
もちろん、道具を使ってフィッティングしていきますし・・・・

18時頃に、10名ほどのメンバーが到着。
まずは、現在の和風作りで予約制の商売になったいきさつを15分ぐらいお話しました。
それからは、いろいろな質問。
いろんな事を聞かれましたね・・・・

次は、フィッティングに使う工具などの説明など・・・・

そして、メンバーで、今回の幹事役の里森さんの持参したメガネのフィッティングの解説付き実演。
4a-16-1.jpg

皆さん、興味津々・・・
ちょっと、刺激的な時間になりました。
皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後にメンバーの皆さんと一緒に記念撮影を・・・・
4a-16-2.jpg
お疲れさまでした・・・・

今日も読んだら押してくれ
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
posted by A64@店長 at 10:51 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: