2015年07月06日

ヤットコ販売のHP用プレゼン完成版

また、ヤットコの話だけど・・・
先日、HP用にヤットコのプレゼンの文章は考えて、ブログの記事にしたけど、これに写真を貼ってみましょう。

----------------------------------------------------------------------


新発売!プロ用のヤットコ発売
この度、眼鏡調整に欠かせないプロ用のヤットコ2種類【パッド掴み(No.001)】と【両先丸細(No.002) 】が、さいたま眼鏡技術研究所から発売されました。
★特徴
2種類のヤットコに共通する特徴

1、 オールステンレス製です。
1.jpg
錆びずに、好みの形にカスタマイズできます。細く、薄くなど、使う人の好みに合わせて改造できます。(ヤスリやバフ掛けOKです)

2、 新潟県燕市で作られています。(made in Japan)
2.jpg
燕市は、江戸時代から伝統的な金属加工産業の有名な土地で、金属洋食器生産の国内シェア90%以上を誇ります。
精度がものすごく高く作られています。
3.jpg
4.jpg
ヤットコの先端の「合わせ」などは、0.1mmの誤差もなさそうです。

3、 全長145mm、握り幅45mm
5.jpg
考え抜いたサイズで、この大きさが日本人標準で一番使いやすいと思われます。
また、掌の小さい女性でも、無理なく掴めて力の調整がしやすいサイズです。

4、 握り手がつや消し
7.jpg
必要以上に表面処理をせずに、滑りにくい、ザラツキを少し残して研磨しました。
握り心地が最高です。

5、 金属面各所に面取り
8.jpg
ヤットコは金属むき出しに角張った箇所がありますが、細部に面取りがしてあるので、どこを触っても、尖っておらず肌に優しい設計になっています。

6、 増し締めが可能
9.jpg
ヤットコは、数年使えば丁番部分にガタが来ますが、ガタが来たら増し締めができますので、相当長い間、同じクオリティーで使用できます。(六角レンチ使用)

★さらに個別の特徴として
〇クリングスパッド掴み(No.001)
凹が、大き目のポケットになっています。ワンタッチパッド足がすっぽり入るサイズになっています。
10.jpg
ネジ式、ワンタッチ共に、力を使わずに調整が楽。

さらに、凹の形状により通常の使い方以外にも、横や斜めからパッドを掴むことが容易なので調整法の輪が広がります。
通常の使い方
12.jpg

斜めからもOK
13.jpg

横からもOK
14.jpg
どの角度からもしっかり挟めます。

〇両先丸細(No.002)

ヤットコ先の合わせ面が2mmぐらいの平面(道)を作っています。
15.jpg
一般的な両先丸細のヤットコは、ただの円錐形になっていて、強く掴むと点と点で圧力をかけているのと同じで、金属の足に負担になり、傷や痛みの原因になり易いですが、合わせ面に平らな部分を作る事によって掴みやすく滑りにくくなります。
17.jpg
しかも、円錐形を利用した調整は、そのままに可能。奇跡の形状です。
スネーク足のクリングス調整に最適です。

☆Yokotaブランドのヤットコの商品コンセプト

◆毎日使うものだから、良質な物を使いたい。

◆妥協はイヤです。

◆メガネのフィッティングを熟知しているフィッターの企画だからこそ、この形に仕上がりました。

是非、お試しください。

価格 1組(セット売りのみ)
 10,800円(税込)+送料(レターパック360円)
--------------------------------------------------------------------------

どうでしょうか?
これなら売れそうでしょう・・・・

まずは、買ってみて・・・・・

今日も読んだら、押してくれ
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
posted by A64@店長 at 10:17 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: