2020年07月14日

給付金10万円の使い道

みんな、10万円の給付金は出たかな・・・
さいたま市は、結構遅くって、私のところは7月6日に届きました。
そんで、何に使おうか・・・とね。

当初は、ギターの糸巻きが、そろそろヘタって来たので、それを買おうかと思っていたんだよね。(ギターの糸巻きって、それ以上します)
でも、まだ、しばらくは使えるし・・・・
何かに、使わないといつの間にか家計費になってしまう・・・・・
それは残念でしょう。

なので・・・・
電子ピアノを買おうかと・・・・
7a-14-1.jpg

私は、20歳の時にピアノを習いだして。10年ぐらい習ったかな・・・・
講師は北浦和の笹川先生。
おしゃべりするのが楽しい先生で、ピアノのレッスンというよりも、遊びに行く感覚。
大人のレッスンなので、ありがたかったです。
笹川先生は、元気にしてるかなぁ・・・・・

レッスンは、大人だったので、ガッツリではなくて、まったりとバイエルからやりました。
そんで、バイエル終わって、ブルグミュラーとチェルニー100番だっけな?
それも、終わらせて、ソナチネ上巻が終わるぐらい、チェルニーは30番の途中までで、10年ぐらいかかった。

私は、モーツァルトが大好きなんだけど、モーツァルトはギター曲を書いてないから、オリジナルに触れるには、ピアノが手軽。
モーツァルトを弾くために、ピアノを始めたのよ。
特に、K.331のソナタが大好きでどうしても、弾きたかった。
ソナチネ上巻が終わる頃に、その曲をチャレンジ始めて、1年かけて暗譜して、ピアノサークルで企画した発表会で埼玉会館の小ホールで演奏しました。
ピアノが、人生初のスタインウェイ―で、むちゃ嬉しかった。
夢が叶った時間だった。

けどね、その後に、なんだか燃え尽きちゃってね、だんだんピアノから離れてしまった。
その間も、ギターはギターで、ずっとやってましたよ。
結局、それからピアノはずっとお休み。
ピアノは、リビングのインテリアになってしまいました。
生ピアノなので、今の帰宅時間では弾きたくても弾けないしね。

そこで、最近は、なんだかまたピアノが弾きたくなってね。
モーツァルトを弾きたい。
まだ、決めたわけではないけど、さっき、近所の島村楽器に行って、電子ピアノ担当の人に、いろいろと聞いてきました。
給付金を使うので、予算は10万程度。
それぐらいの予算で、見た目とかよりも、タッチが生ピアノに近い物。
これが重要な条件。

それで、以前は自宅のピアノをお店に持ってくる・・・・って考えもあったんだけど、小型でもグランドなので、スペースが問題。
いろいろ考えて、ハードルが高いので、いつかは持ってくるかもしれないけど、すぐには移動できない
そう思ったのさ。

それと、ピアノの置き場は、今、ギターを弾いているとこは、少し出っ張ってるところで、ここに、丁度すっぽり入る。
7a-14-2.jpg
ギターを弾く場所は、少し手前になるけど、せいぜい50センチなので、それほどやりにくくはならないだろう。
もうちょっと検討してみるけど、きっと買ってしまうんだろうなぁ・・・・

買ったら、何から練習しようか・・・・
そんな事を思うと、ちょっとワクワクしてくるね。

そんじゃ、料理コーナーにいきましょう。
昨夜は・・・・・
7a-14-3.jpg

またまた、ヤゲン軟骨炒め。
7a-14-4.jpg
美味すぎる・・・・・

それから、朝ご飯用に、お雑煮ね。
出汁を1000cc作ります。
7a-14-5.jpg

材料を用意して。
7a-14-6.jpg

下準備完了。
7a-14-7.jpg

出汁に入れて具材を煮込みます。
7a-14-8.jpg

醤油、酒、みりんに塩の味付けです。
7a-14-9.jpg

夜はここまで、朝起きてから、ほうれん草を投入して仕上げます。
7a-14-10.jpg

朝ご飯にピッタリなんだよね。
7a-14-11.jpg

今日のランチは、袋麺ね。
7a-14-12.jpg
たまには、こんなんでもいいね。

今日も読んだら押してくれ
   ↓
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
posted by A64@店長 at 16:44 | Comment(0) | 日記