2020年07月05日

最強度近視のメガネ

今日は、最強度近視の話をしますね。

当店は、-10.00D以上の強度近視のお客さんが、毎月何人も来店しますが、20Dオーバーともなると、ほんの数人です。
やはり、強度になってくると量販店での技術では満足いかないことが多いだろうからね。
難しい人を満足させるのが、我々プロの役目だから、大歓迎です。

それで・・・・・・
先日、-20.00Dオーバーのお客さんが来店。
当店は二度目の利用で、現在は18.00Dぐらいのメガネを掛けていて、それでは遠くが見えない・・・・
それで、いろいろ測ったら矯正値で-25.00Dと-26.00Dぐらい。
矯正視力も0.6ぐらいまでしか出ないので、この近辺としか言えないんだけどね。

最終的には、右-22.00 左-23.00 にて決めました。
7a-5-1.jpg

7a-5-2.jpg

屈折率1.9のガラスレンズをチョイスしてもらい・・・・
と、言うか、このレンズしか作っていなかった。
袋からレンズを出すと、かなりの厚み。
ノギスで測ると、右が13.1mm。
7a-5-4.jpg

左が13.6mm。
7a-5-5.jpg

選んだフレームは、YS-01(チャオの改良版)
7a-5-6.jpg

加工後のレンズの厚みは、右が5.8mm。
7a-5-7.jpg

左が6.5mm。
7a-5-8.jpg

半分以下の厚みにはなったけど、20を超えると、どうしてもこれぐらいが限界です。
7a-5-9.jpg

7a-5-10.jpg
何とか、無事に渡せて、具合よく使ってもらえると思います。

さて、料理コーナーにいきましょう。
昨日、小松のオプトパレスの森さんとzoomしたんだけど、ブログの料理は、レシピもアップした方がいいよ・・・とのアドバイスをもらったので、ちょっとした作る過程も載せていきますね。
酒のおつまみに、ヤゲン軟骨炒め。
7a-5-11.jpg

マルエツで、これで200円ぐらいなんだよね。
7a-5-12.jpg
これが美味いんだな・・・・

軟骨と野菜は、別に炒めます。
7a-5-13.jpg
この時の味付けは塩のみです。

両方にしっかり火が通ったら、合わせて、醤油を適量回し入れて出来上がり。
7a-5-14.jpg

美味いんだよね。
7a-5-15.jpg

それと、豚汁を作りました。
材料は、豚コマ、人参、大根、ゴボウ、玉ねぎ、エリンギ、油揚げ。
7a-5-16.jpg
大根と人参は、あらかじめレンジでチンしておきます。

具材を、ごま油で炒めます。
7a-5-17.jpg
にんにく1カケスライスも、香り付けに入ってます。

出汁は、昆布とカツオで1000cc作っておきます。
7a-5-18.jpg
合わせて、ぐつぐつと・・・・・

味噌を溶きながら投入。
7a-5-19.jpg

出来上がり。
7a-5-20.jpg
体に優しい味に仕上がりました。

今日も読んだら押してくれ
    ↓
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
posted by A64@店長 at 14:45 | Comment(0) | 日記